保育園を経営するなら|日本の闇に光が灯る

保育園を経営するなら|日本の闇に光が灯る

独立開業を円滑にする所属

中年男性

接骨師会はいくつかの団体が存在していますので、どの団体に所属するのかを選びます。新しい学術研究の情報に触れ、接骨院を運営しやすくするためにも、接骨師会はとても力強いサポーターになるでしょう。開業する前に接骨師会について調べてくのが理想的です。

もっと見る

のれん分け制度が魅力

ラーメン

全国でラーメン店の求人は豊富に出されています。労働力はパートやアルバイトに限らず、正社員の求人もあります。スタッフの中には、のれん分け制度を利用し、独立する方もいらっしゃいます。近年では高校生や大学生に加え、外国人労働者の参入も期待されています。

もっと見る

独立にはノウハウが必要

女性たち

美容室を独立して開業する場合、一番に気をつけなければならないのが立地です。廃業した美容室の中古物件を使用することでコストを抑えることができます。しかし廃業理由をしっかりと把握しておかないと同じ結末をたどる可能性があるため、注意が必要です。

もっと見る

フランチャイズの活用

子供と婦人

運営のサポート

少子高齢化が叫ばれる昨今でもニーズが絶えないのが保育園です。共働き世帯では、特に重宝されています。こんなニーズを受けて保育園の経営に乗り出す人が増えています。単に子供が好きという理由だけでなく、保育園不足という社会の課題の解決に向けて保育園の経営に乗り出すのです。ただ、保育園開設や経営のノウハウを持ち合わせていない個人や法人にとって、どのような段取りで保育園を運営していけば良いのかは難題となります。こうした悩みを解決してくれるのがフランチャイズ方式の保育園です。保育園の運営ノウハウを有している企業が、前述した個人や法人に対して開設の手続き代行や運営サポートを行ってくれます。開設した後も経営者の悩みを解決してくれるなどの付加サービスも用意されています。

開設後の取り組み

フランチャイズ方式を利用して保育園を開設した後も経営上の課題は多く残ります。まずは、保育士や事務スタッフの確保です。子供の教育や安全を考えると経験豊富なスタッフも必要ですし、今後の運営のことを考えると若手のスタッフも必要になってきます。こうした人材に関する悩みもフランチャイズの運営会社に相談して一緒に解決していきます。次に課題となるのが入園者の募集についてです。開設の届け出が済むと役所も園児募集に協力してくれますが、やはり地域住民の協力も必要となります。そのため、新規に保育園を開設することが決まったら早めに地域住民へ挨拶回りを済ませることがポイントとなります。フランチャイズの運営会社と協力して内覧会を実施することも有効な方法となります。